Free recovery of left bicycle

放置自転車を無料回収いたします

持ち主がわからない放置自転車の処分にお困りの方はご相談ください。
1台から数百台まで対応可能。10台以上から無料にてお引き取りいたします。

自転車の低価格が進んだ今、簡単にゴミとなり、放置自転車は交通の妨げとなったり税金を使い処分したりと社会問題となっております。
日本ではゴミとして処分されてしまう自転車もきちんと手入れをすることで、
発展途上国では大切な交通手段として活躍することが出来ます。

放置自転車の問題

現在、日本の自転車保有台数は約7000万台、年間廃棄台数は649万台…。保有台数の上昇と比例し、放置自転車問題が深刻になっています。

公共の場所の放置自転車は通行や災害時の救援活動の妨げになり、また、毎年多額の税金が、放置自転車対策費用に使われています。
安藤紙業では、ご家庭や自治会、公共の施設などからご依頼を受けた放置自転車、処分自転車などを回収、再び使えるよう、一台一台丁寧に修理・再整備を行い、必要としているアフリカ、アジアなどの発展途上国へ輸出、リサイクル・リユースを進めています。

回収した自転車はどこにいくの?

アフリカ、アジアなど発展途上国は、交通手段が少ないないため、自転車は、必要不可欠な生活用具のひとつです。自転車は彼らにとって、「命の足」、「宝物」と言っても過言ではありません。
多くの人は、片道、何十キロも歩いて、保健医療や教育などを受けに行き、また何十キロも歩いて帰らなくてはなりません。
当社が回収した自転車を、丁寧に点検・整備・補修し、そのような問題を抱えている発展途上国に輸出、自転車の再利用(リサイクル・リユース)を実現しております。
この結果、これらの再利用された自転車を使い、多くの母親は病院に通うことができ、また、子供達は学校に通うことができるようになりました。放置自転車の向こうには、発展途上国の人々の笑顔が見えます。
日本では社会問題になっている放置自転車が、もしアジア・アフリカ諸国等の発展途上国の人々に有効活用されれば、世界各地の貧困解決、母子保健、医療、教育等の向上に役に立つものと信じております。

回収対象商品の一例

大人用自転車、子供用自転車、電動自転車、マウンテンバイク、折りたたみ自転車、三輪車など。

回収先の一例

学校、病院、飲食店、自転車チェーン店、マンション、アパート、スーパー、デパート、その他公共施設、商業施設

Flow

ご利用の流れ

STEP1. 当社までお問い合わせください

初めてのお客様は、まずは当社までお電話・メールフォームでお問い合わせください。
2度目以降のお客様は初回に際に対応方法をお伝えしていたします。
【電話でのお問い合わせ】
TEL:0545-56-2288 (受付時間 9:00~17:00)

※メールでのお問い合わせには、ご返答までにお時間がかかる場合があります。予めご了承ください。

STEP2. 回収日を決定いたします

回収日時をお客様とご相談の上、決定いたします。
ご希望の指定日については、ご連絡日より1週間以上先の日にちをご指定ください。

STEP3. 回収自転車の区別の行ってください

誤回収を防ぐために、分かりやすいように移動または回収自転車に回収する旨を記載した「お知らせ」を貼るなどを行い、回収時のトラブル対策をお願いいたします。

STEP4. 自転車撤去・回収

お約束の日時に、お伺いいたします。
原則ご依頼人様立会いのもとで回収作業を行います。
ご都合の悪い場合は、ご連絡ください。回収作業をご確認いただき、完了となります。

自転車無料回収

安藤紙業株式会社
お問い合わせ
メールでのお問合わせ

お電話・FAXでのお問い合わせは

TEL:0545-56-2288 FAX:0545-56-2290

〒421-3306 静岡県富士市中之郷1039

事業概要
会社情報